まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
間仕切り
e-town→中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト→2015→vol.1 幸せになれるケーキ屋さん ブルージュの丘 店主 柏崎裕美子さん
間仕切り
中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト

中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト

vol.1

幸せになれるケーキ屋さん
ブルージュの丘
店主 柏崎裕美子さん

■インタビュー・文:根本愛美 宮川彩 ■記録:宮川彩
■撮影:吉田流那 ■サポーター:塩崎水映子 万木弘美
取材日:2015年3月4日


ブルージュの丘(柏崎裕美子さん)

お誕生日やクリスマスで大活躍のケーキ屋さん。 その中でも、おいしさが評判のブルージュの丘に、そのおいしさの 秘密や経営の努力と工夫など、多くのことを教えて頂きました。

ポイント〜おいしさの秘密〜

 お店に入ると、甘いお菓子の香りが広がります。取材を受けて下さった柏崎店長は、おいしいお菓子を作るために材料に手抜きはせず、天然のものを使っています。
 特に生クリームにつよいこだわりがあるそうです。千葉県から仕入れることで、新鮮で、濃くて質の良い生 クリームができます。ほかにも、飾りのチョコレートを工房で作り、フルーツも旬なものを使います。
 また、ケーキは今日中、焼菓子は 1〜2週間で、賞味期限が短いのも特徴です。工房からケーキの減り具合を見て精算調整するため、無駄なく、おいしいケーキを並べることができます。時間のたったお菓子は確実に味が落ちてしまいます。


かわいらしい手描きのポップ
かわいらしい手描きのポップ

ポイント〜お店の誕生〜

 自分のお店を持ちたいと思っていた柏崎夫妻。お菓子のルーツや伝統を探りに、ヨーロッパに渡りました。
 そこでブルージュの町並みが好きになり、店名にすると決めました。そしてついに年前、お店を持ち、港南台が高台にあるため丘をつけ、「ブルージュの丘」という店名が誕生しました。


ひと目をひくおしゃれな外観  色鮮やかなケーキが迎えてくれます
ひと目をひくおしゃれな外観 色鮮やかなケーキが迎えてくれます

ポイント〜『働く』こと〜

 現在、パティシエが8人、売る人が16人います。しかしそれでも足りません。
 柏崎店長は店員に対して大切に していることがあります。それは、作る人・売る人自身が幸せな気持ちでいるということです。売る人が幸せでなければ、ケーキを買って食べるというわくわくを壊してしまいます。そうなるとおいしいケーキも最低な味になると言います。

ガラスの透かし彫りはブルージュの町並み
ガラスの透かし彫りはブルージュの町並み


 「お金をもらっているのにさらに、ありがとうと言ってもらえるとうれしいです」と、柏崎店長はおっしゃいました。実際に、店員さんたちからは楽しさが伝わってきます。
 働くことのキーワードは「楽しい」です。柏崎店長は「成功は副産物」とおっしゃいました。成功しそうだからやるのではなく、成功に向けて工夫したり、時には挫折も必要です。
 柏崎店長は昔、女性のパティシエがあまりいない時代にお菓子を作ることを決心し、努力してお店を持ちました。パティシエなるきっかけは、自分が何になりたいか考えた時、そういえば、小さいころから料理が好きだったと、今までしてきたことを思い出したからです。もしかしたら私たちも、今の趣味や何気ない出来事が将来の夢につながっているかもしれません。
 ホルンのマークがあるのを知っていますか。それには、ドイツの郵便局がホルンを使っていたことから、「ブルージュの丘のお菓子が遠くに届きますように」という願いがこめられています。


>はたらく手
はたらく手

編集後記

『私は取材をして、とても緊張しましたが、無事に終えることができ安心しました。大好きなケーキをもっと知ることができ、将来についても考えさせられました。記事にまとめるのは難しかったです。でも、出来た文章を柏崎店長がほめて下さったので、本当に良かったと思います。ありがとうございました(』根本愛美)

『私は、今回初めて取材をして、たくさんの事を学び、知ることができました。材料や生クリームのこだわりや、店員の方に対して大切にしていることなどを聞くことができとても勉強になり、面白かったです。私は、「成功は副産物」という言葉が一番心に残り、私も何かをするときは、楽しんで、成功しそうだからではなく、成功に向けて、工夫をしたいと思いました』(吉田流那)

『私は取材をして、文章にまとめることは今回が初めてだったのでとても勉強になり、楽しかったです。店長さんにはケーキやお店のこだわりなども教えていただきましたが、将来のことなどとてもためになることも教えていただきました。これからも今回の経験を生かしていきたいです。ありがとうございました』(宮川彩)

『若い心に響いた大人の言葉が、次々とノートに書き溜められ、今度は中学生らしい文章になってまとめられていく過程に目をみはりました。大人が大人にインタビューして出来上がるものと違った感動があり、初めてのサポーターはとても素敵な発見に満ちたものとなりました。普段の生活の隣にあった、「働くこと」との出会いと発見が、みんなの未来にいくつもの道を広げたのではないでしょうか』(サポーター 塩崎水映子)

『おいしいケーキに出会い、そのおいしさの秘密を知るという貴重な体験ができて感謝です。店長さんの情熱、プロ意識、大人として若者に対しての温かいエールも感じることができました。それを受け止め、きれいにまとめあげた中学生の力にも驚きました。サポートできたかどうかは怪しいですが、楽しかったです。「楽しい」は大切ですね』(サポーター 万木弘美)



(有)ブルージュの丘

所在地:横浜市港南区港南台8-34-5
営業時間:平日10:00~19:30 日・祭日 10:00~19:00
定休日:月曜日(祭日の場合 火曜日)
TEL:045-833-9838
HP:http://www.brugs-heuvelyje.co.jp/






もどる



Copyright © 2015.株式会社イータウン All Rights Reserved.