まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
間仕切り
e-town→中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト→2016→vol.1 エンジョイ マイ ライフ! ヤマハ音楽教室 港南台ミュージックセンター 講師 野島涼子先生
間仕切り
中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト

中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト

vol.1

エンジョイ マイ ライフ!
ヤマハ音楽教室 港南台ミュージックセンター
講師 野島涼子先生

■インタビュー:関花音 ■記録:坂本早優
■文:坂本早優 関花音 ■撮影:武田真奈 菅野裕子
■サポーター:青木千佳代 岡野富茂子 菅野裕子
取材日:2016年3月30日


ヤマハ音楽教室 港南台ミュージックセンター(講師 野島涼子先生)

日本各地に存在し、ピアノやエレクトーンなど様々な楽器を教え ているヤマハ音楽教室。 今回は港南台教室の講師、野島先生にお話を伺いました。野島 先生は誰にでもフレンドリーで、ピアノを弾きだすと止まらないほ ど音楽が大好きな先生でした。

ポイントヤマハの先生のお仕事

 ヤマハ音楽教室では、グループレッ スンを基本にしています。それは、お互いに影響されて演奏技術をより高めることができ、人前で堂々と発表することができる度胸の強さなど心が育つからだそうです。先生方はまず、一人ひとりに合った教え方を探します。説明をしてできるようになる子や弾いた感覚でできるようになる子などいろいろなタイプの子がいるので、一人ずつ見極め指導にあたっています。


それぞれ役割分担をして取材しました
それぞれ役割分担をして取材しました

ポイント〜野島先生と音楽の仕事〜

 30年間も音楽の職業についてきた野島先生は仕事に対してどのように思っているのでしょう。
 先生は、一家全員が楽器の演奏ができるご家庭に育ち、家族でファミリーコンサートを開くなど幼い頃から自然に音楽に触れていたそうです。音楽と子どもが好きだった先生は、音大にいる頃ヤマハの講師になるよう勧められて先生になりました。
 仕事をする上で心がけていることは、他の先生たちや生徒さんとよくコミュニケーションをとること。休日は他のヤマハの先生方と出かけたり、生徒さんの大学合格のお祝いをするなど、人間関係をとても大切にしています。
 また、家でも音楽教室を開いていて、そこでは「輪が広がる教室」を目指しているそうです。最初は子どもを習わせるために来ていた親も、いつの間にか子どもと同じ気持ちになって一緒にレッスンをうけるようになる...と聞いて驚きました。親子で共感することや、音楽教室を通して社会性や協調性を身につけることを大切にしているそうです。


(左)ピアノに合わせて踊りだす明るい先生/(右)音楽を教える上でも大切なのは愛
(左)ピアノに合わせて踊りだす明るい先生 / (右)音楽を教える上でも大切なのは愛

ポイント〜先生になって〜

 ヤマハの先生を続けていると、レッスンに来る生徒さんの調子がわかるようになってくるそうです。
 生徒さんに教える時に一番気をつけていることは、「愛をもって接する」こと。演奏技術が上達しなくて楽しんで出来ない子や障がいのある子にも積極的に声をかけたり、スキンシップをとることで心を開いてくれるようになります。
「人として生まれてきてできないことはない」。
先生が何度もそうおっしゃっていたのが印象的でした。


ポイント〜元気のひけつ〜

 仕事を始めてからこれまでほとんど病気にならず、いつも明るい先生。
 元気のひけつは「人生を楽しんだ方がいい」という考え方。
幼い頃から好きだった犬を4匹も飼っている先生。ディズニーが大好きで、毎年アメリカのディズニーワールドに息子さんの通訳付きで行って楽しんでいます。
 ご主人が病気で車椅子の生活になられた時も「くよくよしても仕方ない」と前向きに捉えてきたそうです。ご主人もポジティブな方で、嫌な事やつらかった事を家族全員で乗り越えていける素敵な家族だと感じました。
 そんな先生だからこそ、生徒さんは楽しくレッスンを受ける事ができ、心が育っていくのだと思いました。


「この感動をみんなに伝えたい!」。お話を伺って勇気がわいてきました。
「この感動をみんなに伝えたい!」。お話を伺って勇気がわいてきました。

編集後記

『取材は初めてでしたが、仕事に対する思いや生き方など、将来のためになるお話を聞くことができました。また、文章にまとめるのも難しく伝えたい事を読みやすく書くのは大変でした。読んで頂いた方に私たちの思いが伝われば嬉しいです。貴重な体験をありがとうございました。』(関花音)

『学校外での活動にあまり積極的に取り組んだ事がなかったので、すごく良い経験になりました。私は書記をしました。3つの役割の中で一番やりやすいと思ったけど、インタビューが始まると実はすごく大変でした。でも、すごく良い話が聞けたので、自分たちで記事が書けて嬉しいです。ほぼ初めての経験だったので最初は緊張や不安があったけど、サポーターの方々がすごく優しくって毎回楽しく活動できました。私たちの伝えたい事がたくさん詰まった記事です。是非読んで下さい!』(坂本早優)

『私は3歳の時から野島先生にピアノを教えて貰っていたので、先生の知らないところは少ないと思っていました。でも、インタビューをしてみて先生の知らないところ、以外と多いんだなということに気付きました。そして、今回インタビューをして人生に対して勇気をもらえるような言葉や大切なことをたくさん学ぶことができたと思います。私はこの貴重な体験ができたことをとても嬉しく思います。』(武田真奈)

『はじめてのサポーター、はじめてお会いする先生。先生の元気にはびっくりしましたが、周りの人たちに降り注ぐ愛情パワーは、見ていて爽快でした。レポート自体にはあまりお役に立てませんでしたが、面白い体験でした。ありがとうございました。』(青木千佳代)

『以前から素敵だな~と思っていた先生の魅力を知ることができ、みんなで感動を共感しあって、すごく幸せな役割だな~と思いました。』(岡野富茂子)

『20年以上前にヤマハで息子と娘がお世話になった野島先生との再会でした。今もかわらぬポジティブシンキング!中学生への熱きエールを一緒にお聴きできた貴重な時間でした。』(菅野裕子)



ヤマハ音楽教室 港南台ミュージックセンター

所在地:横浜市港南区港南台4-17-22キタミビル2F
受付時間:月~土:10:00~21:00 日:10:00~18:00(祝日休業)
TEL:045-831-4302
HP: http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/konandai/






もどる



Copyright © 2015.株式会社イータウン All Rights Reserved.