まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
間仕切り
e-town→中学生が 見て感じて伝える まちのシゴト→2018→vol.1 コーヒー一杯一杯に心をこめて 梅乃井珈琲 店長 中島 誠さん
間仕切り
vol.1

コーヒー一杯一杯に心をこめて
梅乃井珈琲 店長
中島 誠さん

■インタビュー:土屋志恵留 ■記録:遠藤志麻
■文:青山七未 土屋志恵留 深井梨沙
■撮影:深井梨沙
■サポーター:遠藤志麻 金子いずみ 菅野裕子
取材日:2018年3月12日


コーヒー一杯一杯に心をこめて 梅乃井珈琲 店長 中島 誠さん

 お店に入るとふわりと私たちを包み込むコーヒーの香り。そして、アンティーク調にまとめられた内装に自然と心やすらぐ喫茶店、梅乃井珈琲。そんな梅乃井珈琲店長の中島さんに、今回お話を伺いました。
 コーヒー一筋40年、中島さんの淹れるコーヒーは、ほろ苦い大人の味の中に優しさがにじみます。

ポイントコーヒーに対する思い

 中島さんはとてもコーヒーがお好きで昔からこの様なお仕事をやってみたかったそうです。学生時代にアルバイトを始め、そのまま就職して、今ではそのやりたかった事をお仕事として頑張っています。こだわりも強く、お客様にコーヒーを提供する際には毎回淹れたてを提供しています。淹れたてならではの香りと味を楽しんでもらうために作り置きは一切しないそうです。



手際よく、でも飲む人を想って

ポイントお店の魅力

 梅乃井珈琲で働いている人もお店の印象も落ち着いていて、店内にはコヒーの良い香りが漂います。常連さんは勿論、初めて来たお客さんも何気ない会話を楽しみながらコーヒーを口に運ぶと、ここちよい苦味が広がる、そんな贅沢なひと時を楽しめるところも一つの魅力でしょう。

ポイントささやかな日常の中で

 「港南台の中で、梅乃井珈琲はどんな存在になっていると思いますか?」という質問に、〝地元密着型〟だと中島さんは答えて下さいました。  長年通っている常連さんが多く、いろいろなお客さんと接する機会が多いので働いていて楽しいそうです。
 店内は、がやがやしているわけではありませんがお店にいるお客さんそれぞれが自分の時間をここちよく過ごせるように…。中島さんはコーヒを淹れている合間もお客さんを見るなどさりげない気配りをしています。
 お客さんとたくさん交流しているが故に、同じ時間、同じ席で、同じものを変わらず頼む常連さんがお店に来ないと気にかかるのだと言います。このように、自然に心配できるからこそ地元密着型といえるのだなと思いました。
 お店で働く人とお客さん、お互いの名前を知らなくても気づいたらそれぞれの存在が日常の一部になっている。中島さんにとって、そんなささやかな毎日が長年働き続けられる理由の一つではないかと思います。


こだわりのサイフォンで淹れる特別な一杯
こだわりのサイフォンで淹れる特別な一杯

ポイントこの先もずっと…

 昔から今にいたるまで沢山の人々に愛され親しまれてきた梅乃井珈琲。現代の建物の中に一つぽつんと時の流れが止まっているような空間、そんなレトロな空間が港南台の人々を癒してくれます。
 優しくも大人な香りがする場所。コーヒー一筋40年―
 中島さん曰く、〝コーヒー一杯一杯に心を込めてあなたのための一杯〟


編集後記

 今回、自分で実際にインタビューして記事を書いて、みんなで推敲するなど普通なら体験できないことを体験できて緊張もしたけどそれ以上に楽しかったです。最初は自分にできるか心配でしたが、一緒に取材した仲間や先輩、サポーターの方々が色々アドバイスをくれたのでスムーズに進めることが出来ました。そして取材を通して港南台についてまた一つ知ることが出来たので、このまちに住んでいる人にもっと知ってもらいたいと思いました。(土屋 志恵留)

 今回の取材では、カメラを担当しました。たくさん良い写真を撮れたのは良かったのですが、撮る際はとても苦労しました。私にとっては一眼レフで撮るのも初体験だったのでカメラの扱いもそうですし、何よりも腕が疲れます。アングルも良いアングルから撮らなければいけないのでどのような所から撮れば良いか試行錯誤しました。結果、足腰が筋肉痛になりました。日々運動不足なのが響いたのでしょうか。辛かったです。ですが、とても楽しく貴重な体験になりましたし、良い思い出にもなりました。一つ心残りなのは、取材内容をじっくり聞けなかったことです。(深井 梨沙)

 今回、はじめてサポーターとして取材し、貴重な体験をさせていただきました。初日は緊張していましたが最終確認の日には話が脱線するほどたくさんお話できてとてもうれしかったです!一回の取材の中で、一人一人ちがう発見や気付きがあり楽しかったです。(遠藤 志麻)

 不慣れで、たいしたサポートができずすみません。でも、楽しかったよね!忙しい中学生生活の中ですが、普段とちょっと違うこの経験が、どこかのポケットにしまわれて、いつか何かのヒントになったらいいなと思います。(金子 いずみ)

 甘いお菓子をポリポリ食べながら天を仰ぎ、みんなで言葉が降ってくるのを待ちましたね。ぴったりの言葉が見つかった時の喜びと言ったら!!昨年の中学生レポーター志麻ちゃんが先輩として参加してくれて一緒に活動できたのも、とてもうれしいことでした。(菅野 裕子)



梅乃井珈琲

所在地:横浜市港南区港南台 3-1-3 港南台バーズ 3F
営業時間:10:00 ~ 21:00
定休日:1月1日/2月第3火曜日/ 9月第2火曜日 (年間3日)
TEL:045-832-0946
FAX:045-832-0946






もどる



Copyright © 2015.株式会社イータウン All Rights Reserved.