まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき

今月は、「ドレスの達人

芹が谷方面から、上大岡に向かうバス通り沿いに見掛ける素敵なお店。
なんだろう、と気になった方も多いのではないでしょうか。

今月はオーダーメイドのウェディングドレス・婦人・子供服のお店「ウィズタバサ」 のご主人 高橋敦子さん をご紹介します。

出身地は?
兵庫県です。
専門はなんですか?
型紙を作るパタンナーです。パターン歴20年です。
どんな依頼が多いのですか?
最近は結婚式の形がパーティーウェディングに変わってきて、ふわっ としたゴージャスなものよりもマーメイドタイプのシンプルなドレスの注文が多いで すね。
他にも発表会の服や、雑誌の切り抜きを持ってこられて、ブラウスを注文する方もいらっしゃいます。
この仕事をやって良かったと思うことは?
楽しいです!良いものができたという達成感がありますね。また、お客さまからのお礼のお手紙を頂くと良かったと実感します。
趣味・特技は?
テニス、水泳(中学時代、姫路市で一番になりました)、剣道(今も港南剣友会でやっています)。
スポーツ系ですね。この仕事とギャップがあるようですが。
この仕事も体力勝負なんです。オーダー以外にも、ショーや展示会の仕事などがあり、徹夜してでもこなさないといけないんですよ。スポーツで培った体力が役に立っていますね。
オーダーをお願いしたい時はどうすればよいですか?
予約制なので、まずお電話してください。お待ちしています。

とても、ふわふわした優しい感じの高橋さん。実は三人のお子さんの母なのです!
子育てしながらのお仕事は「半狂乱になりそうなくらい大変です」とのこと。休日も剣道、ボーイスカウトとお忙しいようです。それでも作っていらっしゃるドレスは夢が見られるような素敵なもの。そこでバランスがとれているのでしょうか。世界に一つしかない自分だけの服を作ってみたい方はお願いしてみてはいかが。
[インタビュー・写真:しろたん]


「ウィズタバサ」

〒232-0064  南区別所3-1-20 
TEL:045-715-1780
営業時間:10時〜18時(予約制) 
定休日: 土・日


Copyright © 2005 株式会社イータウン. All Rights Reserved.