まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき

まちの達人

今回は自然体で生活を楽しむ達人です。「あそび村」村長の山崎孝さんにお話を伺いました。
本業は税理士をなさっているそうです。本業で活躍するにとどまらず、山崎さんは「こだま舎」を発足された方でもあります。(ミニ生協活動グループ。1980年に山崎さんご夫婦が近隣所帯の方々と勉強会を重ね、食の安全性を考え直していくために消費者と生産者が手を取り合い活動を始めた)
あそび村ではウォーク&ダンスクラブのアドバイザーもされています。。


達人インタビュー

あそび村をつくられたのはいつでしょうか? また、そのきっかけを教えて下さい。

4年くらい前になります。こだま舎で手が付けられずにいる課題をフォローしたり、会の活性化を側面から援助できないか、これからの少子高齢化社会に対応した地域活動グループ作りができないかと考え、無理なく、精神的、肉体的、社会的に活き活きと暮らせる仲間作りができればと行動に移しました。こだま舎においてもそうですが、根底にあるのは人と人が顔の見える関係を作り、各々の生き方を問い直していく事だと言えます。行政でも色々な講座などを設けられていますが、色々な制約などがあり、もう少し自由にできないものかと考え、この「あそび村」作りにたどり着きました。

(大家さんは板金屋さんで、この場所は倉庫だったそうです。大家さんの許可を頂いてリフォームをし、現在の形になったそうです。)


ホームページを拝見しますと、活動内容が多岐にわたっていますね。楽しそうです。
ことば画(水墨画と毛筆の字があわさった絵手紙にも似たような墨絵)が沢山飾ってあり、とても味があって素敵ですね。
ご苦労される事、又やっていて良かったと感じる事は何ですか?

やはり問題になるのはお金の事ですね。あそび村を作るにあたり、自己出費も相当額でした・・・。後に出資して下さる方が増えましたが。行政でも行っている趣味等の講座は安いですが自由がきかない、あるいは何らか規制があったりします。(室内飲食禁止など)その点「あそび村」の貸しスペースでは融通がききます。場所の開け閉めもおっしゃって頂ければこちらで事前にします。キッチンもありますのでご自由に使って頂いたりしています。ただ、実際に使って頂かないとその心地よさが伝わりにくいと思います。理解して頂くまでが結構大変ですね。
楽しい事は、来て頂いた方に楽しく関わることが出来た、楽しく使って頂けた事を感じた時です。場所を設けた意味を理解して下さったと感じ、とても嬉しいですね。


   
お酒がお好みだとか?
はい。ここに「あそび村」というラベルの日本酒がありますが私の酒好きが高じて、山形県の知り合いの酒蔵に頼んで原料のお米を持ち込み、ラベルも自分で書いて自前の酒を確保しています。3年程前から毎年新米が出来たら仕込んでもらっております。集会や交流会など人が集まった時には、皆様と一緒に楽しんでいますが、なかなか好評です。
   
今後どのようにしていきたいですか?
16mmフィルムの上映会をしてみたいです。また、この場所を使って頂いて自主的に何かやりたいといった方が増えるのを期待しております。生きるために楽しむ、楽しむために生きる。そういう発想であそび心を広げていきたいです。
老若男女問わず、ここに来た人が活き活きとできればいいなと思っています。今ある講座にこだわらず、このあそび村で何かイベント等をやりたいといった考えのある方大歓迎です!
今までどおり自然体で無理せず、楽しく長く続けて行きたいと思っております。
活動していてヨカッタと思うときは。
当初は想いばかりで、仲間集めに半年、場所を確保できるようになるまでに、ゆうに1年を費やしましたね。現在も資金集めや、活動の準備など大変な事が多いのですが、やっぱり子どもたちが「また次も来たい!」と言ってくれるときは本当に嬉しいですね。

〜インタビューを終えて〜
周りには剣玉やお手玉があったり、お手製の墨絵があったりと山崎さんの人柄を感じる自然体で和みのひとときになりました。


〜実際にあそび村で体験できる講座〜
・高齢社会に備えた足元からの健康法 ウォーク&ダンスクラブ
・墨の魅力 「ことば画&雅印」の会
・作る楽しみ、食べる楽しみ「男の料理&自前の居酒屋寄り合い亭」
・手作りの魅力「パッチワーク教室」 
・やってみよう!!「投資研究会」
・「囲碁」を楽しむ会 
・「自由俳句&短歌」を楽しむ会 
・あなたも着られる「着ものの着付け」
他にもあります。日時、参加費など詳しいことは下記にアクセスして下さい。
http://www.geocities.jp/asobimura/katudou.htm


[インタビュー・写真:piyoco]


達人の紹介



あそび村 村長  山崎 孝

横浜市港南区上大岡東2-36-24
TEL 045-841-2313
FAX 045-846-5042
Email asobimura@ybb.ne.jp
あそび村ホームページ http://www.geocities.jp/asobimura/
こだま舎ホームページ http://www.kodamasha.com


戻る

Copyright © 2005 株式会社イータウン. All Rights Reserved.