まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき

まちの達人

テレビ番組編集の達人 海老塚 純一さんの写真ひまわりネットワークや今月の「顔」、お店紹介「今月のデリシャス!」でお馴染みの地元ケーブルテレビ局シースリーヨコハマ。今回の達人はそのシースリーヨコハマのテレビ番組編集の達人 海老塚 純一さんです。

ケーブルテレビ局の現状やテレビに対する思いなどじっくりとお話を伺ってきました。


達人インタビュー

どういった経緯でテレビ業界に入られましたか?

シースリーヨコハマのスタジオ内の写真昔は音楽プロデューサーを目指しており、音響と映像の専門学校に通っていました。 14年前に、このシースリーヨコハマ開局にあたり家族から入社を勧められテレビ業界に入ったのがきっかけでした。

日々の仕事内容としては、取材の調査、取材アポ、打ち合わせ、撮影、編集、原稿執筆、放送まで一手に行っています。民放テレビ局と比べると約10分の1の人員で作業しているので、必然的に一人の作業量も多くなります。
ケーブルテレビ局は地元に根付いているので地域に近いということと、取材時のカメラの撮り方など自分の思いのままにできるので非常にやり甲斐があります。学校放送の豪華版のようなものかもしれません。

テレビとインターネットなどそれぞれのメディアの違いはどのようにお考えですか?

テレビには独特の「見逃しちゃった」という感覚があります。インターネットはクリックして情報を入手するので、この「見逃しちゃった感」があまり無いと思います。

デジタルテレビの開始で双方向が騒がれていますが、向こう10年間はどのように使っていくのか手探り状態かもしれません。自分の考えでは、テレビのあり方としては片方向でよいと思います。番組を見てどのように思うかは視聴者次第であって、現在のような意見を集めるだけの双方向の使い方はどうなのかと思います。番組を放送しご意見などを集めるのにインターネットの電子メールを利用するなど、それぞれの利用方法があると思います。

シースリーヨコハマの特徴などありますか?

ほかのケーブルテレビ局にはない番組を意識して作っています。年末年始には10時間生放送などもおこないました。また、シースリーヨコハマは他のケーブルテレビ局に比べてバラエティが多いです。芸人さんも多く出演していますですが、「灯台下暗し」ということわざがあるように、他の地域から来た芸人さんが港南区地域を リポートすると思わぬ発見が出てくる楽しさもあります。

民放のバラエティ番組などでは、お店の取材で平気で失礼なことをいってしまうケースがありますが、ケーブルテレビ局は地元密着なので放送する内容には十分に気を使っています。ポイントとしては「不快にならない程度の内輪受け」でしょうか。お店の取材に行って責任を持ってお店を紹介させていただく。それによって地元が活性化すればよいかと思います。

海老塚さんの休日の過ごし方などは?

休日はギターを弾いたり、作曲したり、車が好きなのでドライブなどしています。しかし、家にいると自分の作った番組が放送されるのですが、編集中に見る番組と家のソファで見る番組は違ったりするので、休日でも仕事のことを考えてしまうことがあります。
番組は音楽で決まると思っています。番組を作る際にも音楽の流れるテンポや番組のリズム感を非常に気にしていますが、これも家のソファで見ると雰囲気が違ったりしますので仕事モードになってしまうことが多いです。

ご自身の今後の目標などはありますか?

達人の仕事場他のケーブルテレビ局はつまらない番組が多いです。同じ地区に同業者がいないので殿様商売になってしまいがちです。世間ではケーブルテレビ局の番組は「つまらない」という先入観があります。それはこれまでケーブルテレビ局自身が面白い番組を作ってこなかったからです。テレビですのでおもしろく、好奇心が沸いてくるようなものでなければなりません。作っている自分が見てもつまらない番組だと、視聴者の方が見ていても楽しいはずがありません。良い意味で自己満足を意識することが大切だと思っています。

いままでケーブルテレビ局は地元だけのものでしたが、いまでは近隣地域のケーブルテレビ局との横のつながりもあり、ひまわりネットワークは他の地域の方にも楽しんでいただけるようになってきました。例えれば、「○○さん家の朝顔が咲きました」といった港南区の情報を、他の地域の人が見ても楽しめるように味付けをし、情報が全国に流れていくように広まったらいいなと思います。

   

シースリーヨコハマのスタジオ内ではスタッフの方が編集など忙しそうに作業されておりました。
地元メディアとしての使命感を背負った現場の雰囲気と、海老塚さんのテレビに対する思いが聞け
非常に有意義な時間をすごすことができました。

[インタビュー] のざき


達人の職場紹介

シースリーヨコハマのスタジオ内の写真ケーブルテレビ・シースリーヨコハマ
海老塚 純一

神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
ゆめおおおかオフィスタワー 19F
TEL 045-847-1501

シーエーティービー港南株式会社


戻る

Copyright © 2004 かみおおおかe-town. All Rights Reserved.