まちとひとが笑顔でつながる情報発信基地 イータウン
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき

まちの達人

マーチングの達人”米谷 学先生にインタビュー

今回の達人は、下野庭小学校の教師で、マーチングを指導なさっている米谷さん。
歴任された港南区内の小学校で、米谷さんは数々のマーチングバンドを全国大会に導いてきた。楽器を初めて持つ子ども達を、全国大会出場のレベルまで上達させることは、決して簡単なことではない。しかし、指導のポイントはシンプルで「美しい音楽をつくること」と「基本に忠実に動くこと」、この2つが人を感動させるが基本だと米谷さんは語る。この2つを、いかに最短距離で教えるか。それは、長年現場で培ってきた経験だそうだ。
見て楽しい、聞いて楽しいマーチング。下野庭小学校の演奏は常に圧倒的であり、聴衆に大きな感動を与えるものである。教え子達のOB達が結成した「ヨコハマロビンズ」も、地元で活発な活動をしているとのこと。ぜひ、街で演奏を聞いたときは、そのパフォーマンスを堪能してほしい。


達人インタビュー
音楽に出会ったきっかけは何ですか?



中学校の時に吹奏楽部に入ったのがきっかけです。楽器はトランペットでした。一応、小さい頃にピアノとかはやっていましたけどね。それで、そのまま高校でも部活を続けていきました。当時は、マーチング専門で活動していたわけではなく、いわゆる吹奏楽全般、クラシックやポップス、そしてジャズなんかも吹いていましたね。でも大学では、いったん、音楽と離れていたりもしたんですよ。

昔から、マーチングを指導されたいと思っていたんですか?

もともと、音楽を教えたいというよりかは、教師になりたいという気持ちがあったんです。もちろん、自分が吹奏楽をやっていたので、吹奏楽の部活の顧問などには興味はありました。それで、最初に赴任した小学校で、小学校管楽器研究会などに参加しているうちに、本格的にマーチングの指導などに力を入れるようになりました。

楽器を持って間もない子ども達が、よくあんなに素晴らしい演奏が出来ますよね。

子ども達は皆、初めて楽器を触る子どもばかりです。当然、最初は座ったままでも楽器を吹くのはままなりません。でも案外、小学生はマーチングに向いていると思うんです。と言うのは、ずっと座ったままで吹くより、動き回って吹いた方が、ある意味、遊び感覚で技術を身に付けられるんです。もちろん、上の大会を目指すコンテストでは、遊び感覚と言うわけにはいきません。それでも、座ってずっと真面目な曲を合奏するよりかは楽しんで出来るということです。

  

米谷さんは、歴任された数々の学校を、コンテストの全国大会へ導いてきたようですが、子ども達を上達させるポイントや秘訣はありますか?

それは、一言では言えませんね(笑)。急に子ども達を上達させるようなマジックなんて、当然ないわけです。ただ基本は2つあると思います。それは「美しい音楽をつくること」と「基本に忠実に動くこと」。これが人を感動させるポイントです。あとは、これをいかに最短距離で教えられるか。こればっかりは、長年の経験で培ったものとしか言いようがありません。教える学校や団体によっても、指導法は変わってくるわけですしね。



小学校のマーチングバンドを指導する上で、ご苦労されている点はどんなところですか?

いろいろありますが・・・。小学校でのマーチングって、「部活動」ではないんですよね。だから、中学校や高校のように練習時間を確保するのが難しいんです。練習は、主に朝と土曜が中心です。でも、例えば集団下校や学校行事なんかがあった場合は、それさえも定期的に行えるとも限りません。また、最近では、習い事や塾に通う子ども達が昔に比べてとても増えてきました。そのような子ども達は、練習に抜けてしまうこともありますよね。だから、どれだけ全員で練習する時間を多く設定できるか。これは、いつも頭を悩ませるところです。

マーチングって、全員で練習しないと難しい部分があるんですね。

そうなんです。マーチングは、コマ(動き)も非常に重要な要素なんです。一人が抜けて練習しても、全体の動きのバランスが取れないんですよ。そうすると、非常に効率が悪いですし、それで覚えてしまうと、場合によっては逆効果になることもあります。もちろん、演奏面でも全員揃っていないと困る部分と言うのもたくさんあるんですが。昔は、「欠席禁止」にして指導していた時期もあったんですよ。でも、今はそんなこと出来る風潮ではないですしね。でも、それを踏まえて全体のバランスをコーディネイト出来るのが本当の指導力だと思うんです。いわゆる「音楽監督」や「ドラムメジャー」的な指導以外にも、バンド運営には重要な部分が多いということです。

 

それでは、最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

音楽は、非常に心を豊かにしてくれます。ぜひ、お子様をお持ちの方々は、積極的にお子様を音楽に触れさせてあげて下さい。また、私が小坪小学校で指導した教え子達が母体となったマーチングバンド「ヨコハマロビンズ」は、港南区を中心に様々な場所で活動しています。もしかしたら、お目に掛かる機会もあるかと思いますので、その時は演奏をぜひお楽しみ下さい。マーチングは、非常にダイナミックで、あまり音楽に触れた機会のない方々も、楽しんでもらいやすいものだと思います。よりたくさんの方々に、マーチングを楽しんでいただける機会を提供できたら幸いです。



達人の紹介


達人の紹介
マーチングの達人 米谷 学先生
栄区在住
下野庭小学校教諭 マーチングバンド指導者
ヨコハマロビンズ 指導者
日本マーチングバンド・バトントワーリング協会 公認指導員
日本ブラスバンド指導者協会 理事
NPO法人 神奈川県マーチングバンド・バトントワーリング連盟 常任理事

ヨコハマロビンズ ホームページ

インタビュアー:エノモト


戻る

Copyright © 2005 e-town. All Rights Reserved.