横浜・港南台 地域情報サイト こうなんだい e-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
レポート詳細
レポート
→
地域をつくっていくのは一人の気持ちから


【ころBOXレポート】



●港南台支えあいネットワーク推進委員会に参加して
1月27日港南台地域ケアプラザにて、平成26年度支えあいネットワーク拡大定例会が開催されました。今回は「若い世代の活動発表と意見交換会〜これからの港南台:地域で活動している方の話を聞こう!」がテーマ。
それにしても、小学校の父親の会、主任児童委員さん、野球チーム監督さんなど、自分の意志で想いを持っている若手の地域人の存在と、懐深く見守って、育てていただける、連合自治会、地区社協、各種団体の港南台のみなさんのお気持ちにとっても心温まるよい会合でした

レポート:さいとうたもつ
取材日:2015年1月27日


画像
●港南台支えあいネットワーク拡大定例会のレポート
■港南台社会福祉協議会の森会長のご挨拶から
平成18年から始まった、港南台での地域福祉保健計画の策定の取り組みや、この間の活動についての報告がなされた。
地域の多様な団体がゆるやかにネットワークを組み、子育てから青少年、障がい者、そして防災と多岐にわたる活動を展開する中で、着実に地域の信頼関係やつながりづくりを進めたこられたことはとても大きな成果であると感じられた。

画像
■今回のプログラムのメインである「若い世代の活動発表」
発表者は、横浜港南台商店会の副会長であり、海苔とお茶のいしだ園の鈴木由美子氏、港南台第二小学校父親の会田中邦英氏、元港南台連合自治会総務局長の岡本征一氏、少年野球チーム港南台メッツ監督山崎豊氏、港南台地区主任児童委員宮坂公子氏の5名が、それぞれの活動の報告や関わった経緯、地域への想いを語っていただきました。

画像
鈴木氏は「商店主は地元住民でもあり、地域の活動に参加する前段階の関係づくりとして重要な機能を担っている。」と熱く語る。
田中氏は「地域でお父さんが活躍する場は重要だが新しい担い手の発掘と育成が今後の課題」と、これまでの活動を丁寧に振り返りながら発表された。
岡本氏は「何も分からない中飛び込んだ自治会だったが、力仕事や若手の巻き込みに取り組んだ活動の楽しさから、現在の商店会活動につながっている」と持ち前の明るさで発表。
山崎氏は、「17年の指導経験などから地域のお祭やフェスティバルへの参加などで野球だけでない地域づくりを行いながら、部員やグランドの確保などの課題を感じている」と自然体でありながらしっかりとした地域への信念が感じられた。
宮坂氏は「自治会の子ども会会長に率先して手を上げて活動しながらも、主任児童委員として子育て支援に取り組んでいる」と港南台在住10年未満でも、住民一人の意識から自発的に動いていく大切さが伝わってきた。

画像
■想いを共有したあとの意見交換で感じたこと
発表や意見交換では、担い手不足や若手へのバトンタッチなどの課題も挙げられたが、地域の中でしつこく声がけを行い合い、おせっかいし続けることで、現在関わってない方々も、先輩たちの背中を見て自分事にしていき、人材発掘が継続されるのではないかと感じた。
また、活動を発展させるための意識、地域のつながりの再確認など、様々な意見や感想を語り合う中で、特に強く感じたのが、やはり「自分たちが暮らす港南台が好き」ということとだろうか。
そして、もう一つは「他人任せにせずに自分がやる!」という主体性であろう。

画像
■推進委員の方のまとめ

最後に、推進委員である広畑氏と松井氏から、今後にどう活かしていくかとしてまとめがあった
○広畑氏(港南台子育て連絡会代表)のまとめポイント
・第1世代から第2世代へのきっかけになった
・人は地域がつくり、地域をつくっていく
・開発後ひとつだった港南台が,拡がって小学校が3つになり、個々の地域でどう活動を拡げるか?が大事
・商店会と地域の連携をどうすすめていくか?アンサンブルになる
・この地域をどうするか→この子どもたちをどうするか?ということ。
・子どもたちが夢を持つまちづくりを推進しよう

○松井氏(港南台連合女性会相談役)のまとめポイント
・学校7人が開設するS49年の9月の前に引っ越してきた造成中の港南台に引っ越してきた。何にもないゼロ時代。・自分の為でOK。それが結果として地域のためになる。すべて女性たちで動いてきた。
・ふるさとになった港南台をみんなで大切に育てていきたい

画像
■最後に
閉会にあたり港南台連合自治会の齊藤会長は、「みなさんの発表や意見交換を聞いていく中で、これまで自分が感じていた地域活動の意識から大きく変わった!そして大きな刺激を受けた。」「積極的に地域に関わっていけそうな勇気をいただいた。」
そんな言葉が印象的でした。人が人を変え、地域をつくっていく。
様々な活動の担い手がつながりあい協働から総働の地域づくりとしていく意識を持ち続けること大きなヒントをいただいた有意義な時間であった。


【港南台支えあいネットワーク】
港南台連合自治会や港南台社会福祉協議会などの地域団体、各種団体などをはじめ福祉施設、学校など14名の推進委員の方々が中心となって、平成18年から活動されている。



■取材データ
平成26年度港南台支えあいネットワーク拡大定例会
主催:港南台支えあいネットワーク
日時:2015年1月27日(火)18:00〜20:00
場所:港南台地域ケアプラザ多目的ホール

レポート・撮影:さいとうたもつ


Copyright (C) e-town. All Reserved.