横浜・港南台 地域情報サイト こうなんだい e-town
HOMEかみおおおかかみながやこうなんだいかわさき
HOME
レポート詳細
レポート
→
音楽でつながる地域の想い


【ころBOXレポート】



世代を超えたハーモニーをテーマに音フェスタ港南台'07が開催された。今年初めて開催されるこのイベントは、地域の音楽好きの有志が世話人となって、地元の音楽演奏家やアマチュアバンド、中学校吹奏楽部ら8つの団体が出演して盛大に開催された。


画像
当日会場である、港南台ひの特別支援学校 多機能ホールには200名を超える来場者が集まった。
開催委員会は数ヶ月前から有志が集い何度も企画会議や事前準備が行われた。すべてボランティアの手で運営されて、開催にかかる必要経費も、メンバーのアイディアで地元港南台連合自治会の夏祭りにカットフルーツの模擬店を出店して、その収益金でまかなうといった手作り感あふれる温かみのある演奏会。

画像
演奏のレベルも高いうえ、地域の幼稚園の同好会やママさんバンド、地元在住のプロのミュージシャン、中学の吹奏楽と幅広く、3時間もずいぶんと短く感じられました。中でも中学の吹奏学部はアンコールが沸き起こり、予想もしなかったのか、少々困った様子で楽曲決めを行う照れた様子も、なんとも和やかな会場の雰囲気を創り出していました。
一緒に聴きに行った我が家の娘たちも、「あ!三小のPTAの人がでている」とか、「去年小学校6年生だったお姉ちゃんが演奏してるよ」などと身近な交流の場であることを感じとっていたようだ。

画像
このように、演奏を聴いてもらうだけの演奏会ではなく、地域のジャンルや世代を超えたメンバーが資金集めから運営まで協力して行う活動は、これからの地域活動を考え進める上で、非常に大切な機会であるとと共に、こういった活動を地域で支える必要性を改めて感じた一日でした。

画像
夏祭りでの模擬店出店の様子。元気にカットフルーツをやってました!

画像
ステージの裏方は大忙し。みなさんボランティアでの運営。(左)

かわいいサインも手書きの温かい雰囲気が漂う。(下)

画像
■出演団体
・クローバー・ベル・リンガーズ(ハンドベル)
・港南台第一中学校PTA混声コーラス同好会(コーラス)
・すずめ囃子(祭囃子)
・飯田研良・飯田典子(バリトン独唱)
・港南台第一中学校吹奏楽部(吹奏楽)
・ママちゃんず(バンド)
・なかむらしげこ(シャンソン)
・ジャージーズ(バンド)

●日時:2007年10月21日(日)13:00〜16:00
●場所:港南台ひの特別支援学校 多機能ホール
●主催:音フェスタ港南台開催委員会

取材:撮影:斉藤保


Copyright (C) e-town. All Reserved.