このコーナーは、まちづくりフォーラム港南の[ころBOX] こうなん地域情報交流事業が運営しています。
ころBOX〜港南地域情報交流事業
ころBOXは、港南区周辺でまちを暮らしやすくするための、様々な非営利活動を応援する情報交流プロジェクトです。
ころBOXレポート>「日下わくわくマップ」完成! 子育てママを応援します。
   

「日下わくわくマップ」完成! 子育てママを応援します。


レポート:金子
取材日:2006年4月

   


 幼稚園前の小さな子どもたちが集まってママと一緒に遊ぶ子育てサークルは、今では各地域にたくさんでき、日下地域ケアプラザを会場に活動しているサークルも四つあります。そのお母さんたちを中心に11人が集って、日下近辺の「子育てのための情報マップを作りたい」と結成したのが「日下わくわくマップ隊」。

 日下ケアプラザコーディネーターの沼佐代子さん、サブコーディネーターの福谷さんたちの応援で、1年がかりでカラーでイラストいっぱい、可愛い地域の地図が出来上がりました。子供が産まれたり、引っ越してきた人のための地域デビューや、地元の人の「こんな所があったの?」という再発見に役立ちそうです。


 「日下わくわくマップ」はA4版20ページ(200円)。日下地域ケアプラザを中心に、笹下、上大岡、洋光台など地域ごとに分かれた地図に公園や子どもとママのためのお勧めスポットが書き込まれています。みんなで分担して現地視察(?)したり、周りの人から「それならこういう所もあるわよ」と教えてもらったり。費用捻出に近所のお店に広告を載せてもらうことにもしました。
 パソコンの得意な人が誌面を作成し、絵の上手な人はイラストを描き、「何もできないから子どもたち面倒見るね」という人もいて、大変ながらも楽しい活動となりました。「仕事で使っていたパソコンのスキルを保てて良かった」「やったこともない広告取りで自信がついた」など、お母さんたちのパワーアップに一役買えた面も。
 毎回、子連れの打ち合わせ。お菓子を食べながら、和やかな雰囲気ですが、時には泣き出す子どもいます。子どもたちは最初、お母さんから離れなかったり、サークル毎に固まっていましたが、回を重ねるうちに年上の子が下の子の面倒を見たり、次第に仲良しに。終わり頃は「今日もプラザ行くの?」と楽しみにするくらいでした。
 「『こどもがいるからできない』と言うけれど、子どもがいるからこそできる活動もあるんです」と言う沼さんに、報告会会場では大きく肯く姿が見られました。
 「日下わくわくマップ」完成報告会は、2006年5月25日(木)、日下地域ケアプラザで行われました。このマップづくりは、港南区社会福祉協議会善意銀行・港南区福祉保健活動支援事業助成金で行われ、まちづくりフォーラム港南が地図データを提供して協力。報告会では、「わくわくマップ作り隊」のメンバーと子どもたち、港南区、民生委員、港南区社会福祉協議会、まちづくりフォーラム港南も参加、それに日下地域ケアプラザの職員さんも加わって、手づくりサラダやスープ、差し入れのおいしいパンなどで賑やかに完成をお祝いしました。
 子育てを支援する側でなく、子育てしている側の視点と協力で完成した情報紙。「この力がさらに地域活動のエネルギーになっていったらいいね」と会場でも楽しそうに話し合われていました。

レポート:金子
取材日:2006年5月

 


●カラフルで見やすい誌面ですね。



●カラフルな表紙も手づくりです。




●コーディネーターの沼さん。


     
     
 
完成報告会当日は大勢の関係者が集まりました   小さい子どもたちも一緒に参加
       
   
美味しい食事もいただきました   ママさんの視点で見た街の様子がレポートされています  


 




●わくわくマップ製作打合せの様子


■ 「日下わくわくマップ」(200円)が買える所
日下地域ケアプラザ、港南区社会福祉協議会(そよかぜの家3階)、えほんやさん(上大岡・鎌倉街道関の下交差点とイトーヨーカドーの間)
   
■関連リンク 達人(コーディネーター沼さん)    

 

 
 
私たちもころBOXを応援しています。

このページのTOP
 

このコーナーは、まちづくりフォーラム港南のころBOX=こうなん地域情報交流事業が運営しています。

     
 
e-townHOMEへ
Copyright © 2004 まちづくりフォーラム港南・かみおおおかe-town. All Rights Reserved.